合格後はどうなる?

タレント養成所のオーディションに合格イコール芸能界デビューではありません。芸能界デビューを果たすための十分な実力を身につけるためにタレント養成所はあります。オーディションで合格し、養成所への入所後にはレッスンを受けることがメインになります。

ただ、養成所によってはレッスンだけが行なわれているわけではない場合も少なくありません。ドラマ、コマーシャルなどに出る機会がある養成所もあるのです。現場の雰囲気を自分の肌で感じることが可能であり、タレントとしての経験値が上がるだけでなく、本格デビューに向けてモチベーションアップや目標や方向性の明確化に役立ちます。

また、日々レッスンをこなしていくだけでなく、所属オーディションが行なわれているタレント養成所も多いです。頻度は養成所によって多少の違いがありますが、たとえば年に2回チャンスがあり、普段のレッスンの成果を披露することにより、その結果しだいでは直属の芸能プロダクションに所属することが決定します。所属オーディションで合格した場合には、芸能プロダクションへの所属が決定することになり、テレビのバラエティ番組などの出演を目指して、本格的な芸能活動を展開していくことになります。

オーディションの流れ

オンライン申し込みを行なった場合のオーディションの流れを説明します。まず、専用フォームに必要事項を入力、送信したあとにはメールでオーディションの案内が届くことが多いです。タレント養成所によっては受験票、プロフィール用紙が送られてくることがあり、オーディションを受ける人はプロフィール用紙の必要事項を埋めて、当日にはその用紙と受験票を持って会場に行く形になります。そのほかに必要なものがある場合には案内に書かれていますので、説明にしたがって必要なものは準備しておきましょう。

オーディション当日になにをするかですが、これは養成所によって違いがあります。質疑応答、自己アピール、歌や踊り、台本を読むなどの課題実技、カメラテストといった具合に、才能や熱意、性格を見極めるための試験が行なわれています。合格した場合には、あとで合格の連絡と合格通知が届くことになる場合が多いです。

なお、とくに未経験者の人は一度オーディションで落選すると自分は駄目だと諦めてしまうことがあるのですが、タレント養成所は一つだけではありません。最初に受けたところが駄目でも、駄目だったと思うところを改善しつつ、また別の養成所のオーディションを受けてみることによって、合格を勝ち取れる可能性はあります。